マイカー広告の位置づけ

 

マイカー広告メリットとは何かを考えてみましょう?

世の中にはいろいろな広告物があります。現在までよく使われている広告は?例えば「看板」「野外広告」「交通広告」「新聞広告」「雑誌広告」「ラジオ広告」「テレビ広告」「インターネット広告」等があります。何かを宣伝したいときに広告は欠かせないものですが、広告と言ってもいろいろなものが存在します。

一番古いものは、商店の屋外看板でしょうか?

看板

ものを売り買いが始まった頃には使われていたと想像できます。商品を買ってもらいたいときは、誰からともなく「看板」を掲げたでしょう。「マイカー広告」もここに分類されます。(交通広告)。他にも、折込チラシ、DM、フリーペーパーもあります。

マイカー広告などのメリット

・これらの広告は、比較的コストが少なく、個人事業主でも使いやすいと思われます。
・また、効果の測定も可能になります。
・マイカー広告なども費用が安くすみ、ステッカーなども1度使うと長期間使用することが可能です。
・さらに、マイカー広告の場合は、動く広告塔ですから、場所を限定しないメリットもありますし、何度も見かけると、無意識に知っていたという効果も見られます。

これらの広告のデメリットもあります。

・あの看板を見てきましたという人はほとんど居ないでしょうから、効果が知れぬまま中止してしまうかも知れません。
・一度作成したものを変更したい時、再印刷費などに費用が発生します。
・ニーズがある見込み顧客だけに宣伝するのはできません。

 

次に出現したのは、 新聞広告でしょうか?

新聞広告

現在のような紙媒体の新聞は、幕末から明治時代にかけて、国民に受け入れられてようです。一般紙については宅配制度などによって新聞普及率が高い時代が続いていたが、ラジオ、テレビ、インターネット等競合するメディアが展開され、購読者数の減少が危惧されています。

新聞広告の利点は、

・新聞への信頼度が高いにあります。
・毎日発行され、短い期間で広告を掲載できます。

新聞広告に不利な点は?

・広告の寿命は、永くて1日。一度スルーされると、二度と見られないでしょう。
・白黒の印刷物は印象に残らない。
・購読者が限定されている。年々、購読者は減ってきている現実があります。

 

同時期に出現したのが、雑誌広告でしょう。

雑誌広告

雑誌の読者は、関心の高いジャンルの雑誌を購入するため、高い角度で有益な情報を適切に訴求することができます。 一定の間隔で発行されること、対象がはっきりしていること、広告スペースの種類が多いため色々な広告表現が可能という特徴を持ちます。

雑誌広告の長けてるところは、

・雑誌ごとにテーマを絞り、広告ができます。また、購読者からも信頼されています。
・雑誌は、1週間、1ヶ月、それ以上の期間に渡って保存、再読率が高いことにあります。
・デザインも自由で、写真も多用でき、訴求内容をストレートに伝える事ができます。

雑誌広告の弱点

・企画から製本までの時間が必要。
・ページ数も多く、手元にあってもスルーされる可能性が高い
・雑誌ごとにターゲットが決まるため、予想以上の効果を得る事が難しいと推定されます。

 

1925(大正14年)に東京でラジオ放送が始まりました。

ラジオ広告

ラジオ広告の制作費は、20秒CMで15万円前後となっていますが、首都圏や地方では開きがあります。また、CMを流す時期、時間などによって料金が変動します。

ラジオの広告メリット

・CMがスルーされる事はほぼありません。
・地域に密着した広告の配信が可能です。
・テレビCMよりも低価格。さらに制作期間も短くてすみます。
・番組の内容とリスナーがほぼ同一なので、効果的な広告を打てます。

ラジオ広告の弱点

・音声のみのため、想像力に左右される。
・聞き取れない、聞き流される可能性もある。
・リスナーが限られている。くるので情報が届く層が狭い

 

1953年にテレビ広告が始まり、広告の主流となっていました。

テレビ広告

映像と音声で伝えることのできる広告ですが、制作費と放送料がかかります。放送してもらう費用で、15秒の北海道エリアだと、40,000円 〜 65,000円ですが、関東だと、300,000円 〜 1,000,000円にもなります。

テレビ広告のメリット

・映像であるため、イメージも伝えやすく、印象、記憶に残る。
・新商品の告知やキャンペーンに向いている。

テレビ広告のデメリット

・広告の制作にコストがかかる上、放送にも莫大な費用がかかる。
・広告の企画から制作、放送までが長い期間が必要。
・15秒から30秒の広告が見逃されてしまう上、最近はリアルタイムで見てもらう事が少なくなっている。

 

インターネット広告:1996年7月、「Yahoo! JAPAN」がバナー広告の取り扱いを開始しています。

ネット広告

最近注目され、急拡大のインタネット広告には、さまざまな種類のものが存在します。広告の種類には、バナー広告、リスニング広告、アフィリエイト広告、SNS広告などが存在します。

インターネット広告の利点

・いろいろな手法でターゲットに届く。
・広告効果の測定結果が提供されている。

インターネット広告デメリット

・インターネットを利用する世代が限られている。
・商品、サービスが人気が出るほど、競合が激しくなり、広告コストが比例して上昇する。